Golf Powers 試打レビュー☆

ゴルフクラブ試打レビュー、ゴルフ情報紹介。

ツアーAD Fシャフト試打評価レビュー

ツアーAD F

グラファイトデザイン、ツアーADのフェアウェイウッド専用シャフト、ツアーAD、Fシリーズ試打レビューです。

f:id:golfpowers:20211114093316j:image

 

ツアーAD、Fシリーズは芝の上からのショットのために専用設計がされていて、中手元あたりが適度にしなり、芝の上からでも打ちやすいように先端は硬めですが、ボールを拾ってくれる動きがあると思います。

トルクはやや多めで、そのしなり戻りによってボールを上げやすい特徴があります。

実際に打ってみると、穏やかな動きで扱いやすいシャフトです。しっかり振っても先端剛性が高いので、当たり負けしません。
f:id:golfpowers:20211114093319j:image

TSI2フェアウェイウッド ✖ ツアーAD F 65X

ヘッドはTSI2の16.5°、長さは42.5インチ、シャフトは65Xです。

フレックスはXですが、一般のXに比べて柔らかく、適度にしなりがあるのでボールが上がりやすいです。先端剛性が高いので、しっかり叩けます。

TSI2のヘッドはボールが上がりやすいモデルですが、低スピンモデルのTSI3のヘッドでもボールは上がってくれます。
f:id:golfpowers:20211114093313j:image

 

 

 

友人はTSI3の5番ウッドをツアーAD,F,75Xで使用しています。

せまいホールのティショットで、200ヤード前後を安定して打っています。操作性のあるTSI3のヘッドとF,75Xの組み合わせがマッチするようで、長さが42インチで75Xと重めのシャフトにすることで、安定感につながっています。

F,65Xのフェアウェイウッドをしばらく使用していますが、ツアーAD、UBのような先端剛性がとても高いモデルと比べても、ボールを拾ってくれるやさしさを感じます。

ツアーAD、Fをカスタムオーダーすると主要カスタムシャフトに比べ、1万円くらい安いのも魅力です。ぜひ試してみて下さい。