Golf Powers 試打レビュー☆

ゴルフクラブ試打レビュー、ゴルフ情報紹介。

TSI3ドライバー試打評価レビュー

TSI3ドライバーの特徴

f:id:golfpowers:20211114183359j:image

  • ATIチタンフェイスによるボールスピード高初速化
  • ヘッド上下,左右,前後の高MOIによる安定性
  • 5段階の重心調整機能
  • ヘッドの空力性能によるボールスピード高初速化

その他にもTSI3ドライバーは460ccの体積ですが、コンパクトな洋梨顔が構えやすく感じます。

ATIチタンフェイスの打感は柔らかく、ボールが吸いつくような感触です。打音は引き締まった低音で、控えめな音が心地良いです。

ざらざらしたフェイスのおかげで、打痕がくっきり残ります。

肝心の初速は速く、低スピンの強弾道になります。

f:id:golfpowers:20211114183357j:image

 

ロフト9°と10°どちらも試しましたが、9°のヘッドはより低スピンになりボールが上がりにくかったです。フッカーの僕がめいっぱい捕まえにいっても、なかなか捕まえきれず、フェードになりやすいヘッドだと思います。マルチMOIの影響なのか、ヘッドが全然動いて来ないような感じがします。

ウエイト位置を変更すると、ヘッドの動きがけっこう変わります。ウエイトを1番捕まるポジションにしても、捕まりは弱い印象です。

試打室でTSI3ドライバーを打った後に、TSI2ドライバーを打つと捕まり度合いの違いに驚くほど差を感じました。TSI2ドライバーは大型ヘッドで操作性は低いですが、TSI3よりは捕まりやすいモデルだと思います。

テンセイホワイトプロ1K ・ベンタスブルー

f:id:golfpowers:20211115124140j:image

f:id:golfpowers:20220307195835j:plain

 

テンセイホワイトプロ1K,6S、ベンタスブルー、6S、6Xを組み合わせてみました。

いずれも先端剛性が高いシャフトなので、捕まりの弱いTSI3のヘッドを組み合わせるとかなりハードな仕様になりました。

今までG425LSTや、SIM2Max、 B1ドライバーなどはこれらの手元調子のシャフトで扱えましたが、TSI3ドライバーは例外でした。

中調子や先調子のボールを拾ってくれるシャフトなら扱えたかもしれませんが、中、先調子が苦手な僕は組み合わせて試すことができませんでした。

TSI3ドライバーは、ヘッドスピード45M以上のゴルファーにとっては恩恵が受けられると思います。個人的にはシャフトをいろいろ試しましたが、うまく扱えず手放すことになりました。まだ試していない方は、ぜひ試してみて下さい!