Golf Powers 試打レビュー☆

ゴルフクラブ試打レビュー、ゴルフ情報紹介。

ミズノプロ225ロングアイアン プロジェクトX 試打評価

ミズノプロ225アイアンの特徴

f:id:golfpowers:20220217143738j:image

  • ショートアイアンは、軟鉄フェースとステンレスボディの複合構造。高重心化設計によって、低打ち出し高スピンでグリーンを狙えます。
  • ロング、ミドルアイアンはクロムモリブデン鋼フェースにタングステンウエイト、ステンレスボディの複合構造。
  • 高初速・低重心化設計によって、やさしく高弾道のショットでグリーンを狙えます。(ミズノHPより引用)

「ロフト設定」 No.4/21.5、No.5/24、No.6/27、No.7/30、No.8/34、No.9/39、PW/44

f:id:golfpowers:20220305193442j:image
f:id:golfpowers:20220305193445j:image

ミズノプロ225アイアンは221、223と3モデルある中で、1番ストロングロフトで飛距離性能が高いモデルです。ヘッドが中空構造になっているので、ミスヒットに強くボールが上がりやすくなっています。

ミズノプロと聞くと難しい印象があるかもしれませんが、まったくそんなことはなく、寛容性を感じることができます。4番アイアンでもスピンが入りやすく、しっかりボールが上がります。クロムモリブデン鋼フェースによってボールスピードが上がり、強い球を打つことができます。

ヘッドのブレードの長さはコンパクトになっているので、操作性が高くドロー、フェードを打ち分けやすくなっています。複合構造なのでヘッドサイズがコンパクトな割には、やさしく打つことができます。

225アイアンは飛距離を追求しているモデルで、ロングミドルアイアンがボールを弾くような構造になっています。しかし飛びに振ったモデルにも、爽快な打感を感じることができます。クロムモリブデン鋼はボール初速が上がりやすく、弾き感が強くなります。金属の硬さが感じやすくなりますが、ミズノのアイアンはそれでも打感を良く仕上げているのでフィーリングが最高です。球持ちがよくフェースに乗ってから飛ぶ感触が、打っていて楽しくなるアイアンです。

ミズノプロ225 4番 (21.5°)アイアン

f:id:golfpowers:20220217143805j:image

f:id:golfpowers:20220217143820j:image

4番アイアンのロフトは21.5°ですが、見た目はそこまで立っているようには見えないのでボールが上がりそうに感じます。4番アイアンなので難易度は高いですが、225アイアンは4番でも適度にスピンが入りボールが上がってくれます。飛距離性能も高いので、ボールが上がりながら距離が稼げます。

ミズノのアイアンは、海外メーカーより少し短めの作りになっています。0.25インチ短くなっている分、振りやすく感じます。日本のメーカーは、日本人に合わせた規格で作っているのも面白い違いです。

ロフトが21°のクラブなら、ユーティリティやフェアウェイウッドの方がやさしく打てると思います。

しかし、225アイアンの5番(24°)を使ってみて、飛距離性能の高さとボールの上がりやすさ、打感の良さなどバランスの良さに惚れ込みました。

225アイアンなら難易度が高い4番アイアンでも、なんとか使いこなせそうだと思い購入に至りました。

練習場で数回使った印象は、難しいけど練習次第で何とかなりそうな気がしています。少し前に購入したキャロウェイXフォージドスターアイアン(2021)は、やさしいモデルのはずですが、4番アイアンは手に負えませんでした。Xフォージドスターはワンピースの軟鉄鍛造に対して、225アイアンは複合素材の中空構造という差があるのかもしれませんね。

225アイアン ✖ プロジェクトX 6.0

f:id:golfpowers:20220217143833j:image

プロジェクトXスペック

  • 5.0/113g     5.5/118g     6.0/121g
  • 6.5/125g    7.0/130g (カット前重量)

 

  • 適応ヘッドスピード/50m/s~(7.0)
  • 48~54m/s(6.5)    46~52m/s(6.0)
  • 43~50m/s(5.5)    40~47m/s(5.0)

f:id:golfpowers:20220217143847j:image

プロジェクトXは振動数が高い割には、トルクがある不思議なシャフトです。6.0はSX相当のフレックスですが、しなり感はあるのでタイミングが取りやすいと思います。

先端はとても硬いので、ボールを押し込んで行かないと良い弾道にならない気がします。

僕はまだこのクラブに慣れていないこともあって、反射的に力んで引っかかる球が多くなっています。ナチュラルに振れれば、ボールがしっかり上がり良い弾道になるので練習次第でなんとかなりそうな気がしています。

プロジェクトXはシャフト自体が太く、まったり粘るフィーリングがあります。重量を感じやすく粘るので、打ちごたえのあるシャフトです。

手元調子や中手元調子を、好むタイプには合うのではないかと思います。

プロジェクトX、5.5を以前使っていましたがしなりをより感じるので、シャフトに仕事をして欲しい方には合うのではないかと思います。

225アイアンとの組み合わせは、中空構造でボールが上がりやすいヘッドなので相性が良いと思います。プロジェクトXは硬いシャフトですが、しっかり当てられればボールは上がってくれるので、ショートミドルアイアンなら問題なく打てると思います。ロングアイアンは難易度が上がるので、僕自身、練習に励んで使いこなせるようにがんばります。ぜひ試してみてくださいね。