Golf Powers 試打レビュー☆

ゴルフクラブ試打レビュー、ゴルフ情報紹介。

ピンG425MAXドライバー試打評価レビュー

G425MAXドライバー9° ✖️ アルディラローグブラック130MSI 60TX

f:id:golfpowers:20211215153641j:image
f:id:golfpowers:20211215153644j:image
三菱ケミカルのレンタルクラブを、コースで使ってみました。事前に練習場で試打する時間がなく、結局、スタート前に数回打って実戦投入しました。
ぶっつけ本番に不安を感じながらも、バタバタとスタートしました。
G425MAXドライバーは捕まりやすいとまでは思いませんが、捕まらないわけでもなく振りやすいドライバーだと思います。
G425LSTと比べてMAXの方が捕まりやすく、ヘッドが少し軽いので扱いやすいと思います。
MAXの弾道はドローになりやすく、高さは中弾道くらいのボールが多かったです。
ロフト9°、思ったよりスピン量は少なめでした。
シャフトはローグブラックMSI130・60TXだったので、低スピンになったのかもしれません。
f:id:golfpowers:20211216105943j:image
飛距離はよく出ていましたが、フッカーの僕にはドローが強めになってしまいました。狭いコースだったので、OBになりそうでヒヤヒヤしながらティーショットを打っていました。
ローグブラックは中調子ですが、TXでも中手元あたりにしなりを感じてシャフト全体がしなってくれます。先端はそこまで硬くは感じませんが、柔らかく走る動きはありません。この組み合わせは飛距離が出ますが、曲がりが大きくなりやすかったです。しなり感を感じるので振りやすいですが、コースで使うにはOBの不安がありました。

アルディラローグホワイト130MSI 60TX

f:id:golfpowers:20211216153526j:image

後半のハーフ9ホールはG425MAXのままで、シャフトをローグホワイトに差し替えました。ローグホワイトはローグブラックに比べて捕まりは控えめです。挙動がおとなしくしなりが少ないので、弾道や曲がり幅は安定しました。ローグホワイトは中調子でくせのないしなりなので、思い切って振ることができました。ローグブラックより球は上がりにくく、スピン量は少なめだと思います。

フェアウェイの左側が池になっていて、ドローが強いと池に捕まるコースがいくつもありました。

この日はたまたま調子が良く、思い切り振っても池に捕まることはありませんでした。

G425MAXとローグホワイトの、安定した組み合わせのおかげもあると思います。

ちなみにローグホワイトとローグブラックは、PINGのカスタムシャフトにラインナップされています。

f:id:golfpowers:20211216153454j:image

 

 
 
G425MAXドライバーは最初、打音が独特だったので、敬遠していました。練習場で聞いた音が「カンッ」と何とも言えない音だったからです。しかし、コースで打ってみると、それほど気にはなりませんでした。
ヘッドは重めですが安定感があり、扱いやすくオススメです。実戦でも安定感があるので、プレッシャーのかかる場面のティショットが、少しは楽になると思います。ぜひ試してみてくださいね。