Golf Powers 試打レビュー☆

ゴルフクラブ試打レビュー、ゴルフ情報紹介。

コブラキングLTDXドライバーカスタム試打評価

 

 

 

コブラ、2022年モデルのキングLTDXドライバーをコースで試打しました。3種類のラインナップモデルの中では、中間的性能が特徴の幅広いユーザーに合うモデルです。

コースと練習場では、スイングキャディの弾道計測器SC300で計測したデータも合わせてレビューしていきます!

安定感抜群の重ヘッド

f:id:golfpowers:20220614144517j:image

第一印象は、まずヘッドが効いていてしっかりとした重さを感じました。他のメーカーと比べても、重い部類に入ると思います。打ってみると安定したヘッドの動きで、暴れる要素を全く感じませんでした。素直な動きでヘッドターンするので、とても振りやすく感じました。例えるなら、PING G425MAXドライバーに操作性を付け加えたイメージ。

コブラはハードヒッター向けのイメージがありましたが、LTDXは安定感があって扱いやすいモデルになっています。

高弾道ビッグキャリー

f:id:golfpowers:20220614145847j:image

計測器の試打データは、スピン量がやや多めでした。実際にコースで打った弾道もボールが上がりやすく、キャリーが出て高弾道になることで飛距離が出ていました。

強風の日は風に負けそうな気がしますが、基本的にはロフト9°でもビッグキャリーボールで飛ばせるドライバーです。ヘッドサイズは大き過ぎず小さ過ぎず、ちょうど良い安心感のあるサイズです。

捕まりは良いのに引っかけない

f:id:golfpowers:20220614145858j:image

ヘッドが重い割にスムーズにヘッドターンするので、捕まりが良く感じます。重心が深くボールが上がりやすいので、安定した弾道を打ちやすいドライバーです。

コースで打ってみて、しっかり振っても引っかからずにストレート弾道を打てるので、方向性が良くなりました。捕まりは良いのに、捕まり過ぎを抑えてくれる不思議な感覚です。

♾マークの柔らかい打感

フェースのデザインは奇抜なデザインですが、打感は柔らかくたわむフィーリングです。いかにもスピンが入りそうな感触。打音はやや高めですが、引き締まっているので気になる音には感じませんでした。

スピーダーNX60S

f:id:golfpowers:20220615123656j:image

スピーダーNXはしなり量が多く、捕まりが良いシャフトです。LTDXと組むとヘッドの挙動が安定しているので、大きくシャフトがしなっても暴れない良さがあります。

スピーダーNXを組むとスピン量がやや増えて、より高い弾道になりました。低スピンヘッドと評価されていますが、ヘッドスピード43m程度で打っても、2400〜2500回転のスピン量になって中、高弾道になりました。素直で落ち着いた挙動のヘッドなので、どんなシャフトにも合いそう。

ソールデザインの奇抜さとは対照的に、幅広いユーザーにやさしく扱いやすいLTD Xドライバー。ぜひ一度試してみてくださいね!