Golf Powers 試打レビュー☆

ゴルフクラブ試打レビュー、ゴルフ情報紹介。

ステルスレスキューコース試打評価

 

 

 

テーラーメイド 、ステルスレスキューをコース初使用!カスタムオーダーしたレスキューが、手元に届いてすぐのラウンドでした。ほとんど練習できないままいきなりのデビューでしたが、一球勝負のリアルレビューができればと思います!

弾道は適度なドローボール

f:id:golfpowers:20220529205826j:image

・スペック

ステルスレスキュー19°✖️TRハイブリッド85X

長さ40.25インチ バランスD1

コースでは、PAR5のセカンドショットで使いました。グリーンを狙うショットではなく刻むショットでしたが、狭い落とし所にしっかり置くことができました。

ステルスレスキューは、捕まり過ぎない適度なドローボールが打ちやすいクラブです。前作、SIM2MAXレスキューと比べて、捕まりは控えめになっている印象。SIM2MAXは引っかかることが多かったですが、ステルスレスキューはちょうどいい捕まりなのでしっかり振っても引っかからない良さがあります。

柔らかくなった打感

f:id:golfpowers:20220530200854j:image

テーラーメイドのレスキューはSIM、SIM2共に使いましたが硬めのしっかりした打感でした。

ステルスレスキューはとても柔らかい打感で、球持ちが良く弾道をコントロールできる印象。カーボンクラウンが打感を柔らかくしているのかもしれませんが、ボールが潰れるフィーリングが心地良いです。

ロフト19°でもやさしく上がる

f:id:golfpowers:20220530211530j:image

ロフト20°を切ると難易度が高くなるのはセオリーですが、ステルスレスキューは伸びのある弾道でボールが上がってくれます。

コースで使った時はドローボールを打っても、中弾道以上の高さは出ていました。飛距離は200yard程度です。捕まりは良いので、やさしく飛距離を稼げます。今回はグリーンを狙ったショットはありませんでしたが、ボールを上げやすいのでグリーン上でも止められるイメージが持てました。

フジクラTRハイブリッド85X

f:id:golfpowers:20220530212801j:image

ドライバーのシャフトが50g〜60gを使っているユーザーには、ユーティリティのシャフト重量は70g〜80gくらいが適正と言われています。

僕は60gのドライバーシャフトを使っていますが、ユーティリティのシャフトを80gにしてちょうど良く感じています。Xを選ぶ理由はしなりが大きいと、個人的にタイミングが取りにくいからです。

TRハイブリッドは中手元のしなりを感じやすく、インパクトにかけてスムーズなしなり戻りがあるのが特徴です。先端はそれほど硬くないので、ハードヒッターではなくても使いやすいシャフトです。

TRハイブリッドの中手元のしなり量は多過ぎず、少な過ぎないので幅広いユーザーに合うのではないかと思います。ウッド用シャフトのスピーダーNXに近いフィーリングがあって、タイミングよく振り抜けます。

f:id:golfpowers:20220531154140j:image

ステルスレスキューは前作SIM2MAXより捕まりが抑えられ、引っかかりのミスがなくなりバランスが良くなったと思います。適度なスピン量でボールが上がりやすく打感も劇的に良くなったので、気になる方はぜひ試してみてくださいね!

 


www.youtube.com