Golf Powers 試打レビュー☆

ゴルフクラブ試打レビュー、ゴルフ情報紹介。

ステルスプラスドライバー試打評価レビュー

f:id:golfpowers:20220115152512j:image

ステルスドライバー 3モデルの共通点

ステルスドライバーはフェースがカーボンになり軽くなったことで、前作よりも振りやすさを感じました。ヘッドが動く時に、抵抗感が少ないような感触がありました。インパクトのフィーリングも、今まで味わったことがないような感触がありました。

この振りやすさはイナーシャジェネレータ(空力設計)と、カーボンフェースの恩恵を感じる所です。それによって、ヘッドスピードが前作よりも1m程度上がると評判です。またフェースのナノコーティングによって、スピン量が増えやすい傾向があります。適正なスピン量にして飛距離を伸ばすには、3種類のヘッドとシャフトを試打してその人に合う組み合わせを見つけたいですね。

カーボンフェースの打感と打音はチタンフェースと比べても、まったく違和感はありませんでした。

芯でボールを捕らえると、柔らかい打感でした。

今回はステルスプラスドライバーを、詳しくレビューしていきます。

ステルスドライバー3モデルの特徴

  • 60層のカーボンフェースによるフェースの軽量化、広範囲でのボールスピードアップ。フェース面積拡大による寛容性の強化。
  • フェース全面のコーティングによるスピン性能の強化。
  • 60層のカーボンフェースで生まれた余剰重量を、バックウェイト周辺に配置することによる高慣性MOI化。
  • イナーシャジェネレーターの、空気抵抗減少によるスイングスピードアップ。
  • 貫通型スピードポケットによる、ミスヒット時のボール初速維持。
  • ツイストフェースによって球の曲がりを軽減。(テーラーメイドHPより引用)

f:id:golfpowers:20220115152614j:image

ステルスプラスドライバー

f:id:golfpowers:20220115152639j:image

f:id:golfpowers:20220115152816j:image

 

 

 

SIM2の後継モデルです。ロフトは9°、10°の2種類あります。

ステルスプラスドライバーにのみ、スライディングウエイトが搭載されています。この10gのウエイトによって、左右の重心位置を変えることができます。それによりドロー、フェードの弾道調整をすることができます。

SIMドライバーには搭載されていましたが、ステルスドライバーになって復活しました。フェース近くにスライディングウエイトがあることで、浅重心になり低スピンの強弾道が打ちやすくなります。ヘッドスピードの速いゴルファーには、嬉しい機能ではないでしょうか。

ショップ店内で試打をしてみましたが、ステルスプラスドライバーが1番低スピンで飛距離が出ました。あくまで計測機の数値ですが、他のドライバーではなかなか出せない飛距離でした。

意外にヘッドの操作もしやすく、しっかり捕まえられる感触がありました。ヘッドの見た目は、3モデルの中で1番コンパクトです。

しかし、基本的にステルスプラスドライバーは重量級ヘッドで、オープンフェースが強いので捕まりは良くありません。しっかり捕まえられれば飛距離は出ますが、捕まえきれないと飛距離が出にくいように思います。

60層のカーボンフェースによって、前作よりもボール初速が1mアップするとの評判です。それでいて適正なスピン量が入りやすくなるようです。

ステルスドライバープラスは店舗限定モデルなので、値引きがほとんどなく一般庶民には高嶺の花なんです。通常値引きがされるなら、購入してみたかったです。ちなみにゴルフショップでは、ステルスプラスドライバーが1番人気だそうです。

 

f:id:golfpowers:20220115152940j:image

カスタムシャフトラインナップ

ツアーAD UB 60S

  • 中調子・トルク3.2

ツアーAD UBは、DIの後継モデルと言われています。

確かにフィーリングは似ていますが、DIの方が先端が走るのに対して、UBは先端の走り感はなく硬くなっています。手元のしなり感は、まったり粘る感覚があります。シャフト先端に余計な動きはないので、自分でしっかりボールを叩きたいタイプのゴルファーに良いと思います。

ディアマナPD 60S

  • 中元調子・トルク3.3

シャフトの分類はUBに近いですが、微妙な違いがあります。

この3種類の中では、1番シャフトの張り感が強くシャープに振りやすいと思います。UBよりも手元は締まっていて、しなり感は控えめです。

UBとPDの先端の硬さは同じくらいですが、手元のしなり感に違いがあります。それがシャフト全体の、フィーリングの違いになっているのではないかと思います。シャープに振り切りたいゴルファーに良いと思います。

スピーダーNX 60S

  • 中調子・トルク3.7

この3種類の中では、1番しなり量が多く柔らかく感じるシャフトです。

手元のしなりは大きく、しなり戻りはスピーダーらしい走り感があります。タイミングよく振ることができれば、飛距離が期待できるシャフトです。

柔らかめのシャフトが好きなゴルファーや、飛距離重視のゴルファーに良いと思います。

手元調子が好きな方はツアーAD UB、ディアマナPDのフィーリングが合うシャフトを、先中調子の走り感が好きな方はスピーダーNXが良いのではないかと思います。

その他のカスタムシャフトを組みたい方は、現段階(2022.1.15)で予約が殺到しているようなので早めの注文をおすすめします!

店頭にはテーラーメイドの試打シャフトが豊富にあるので、ぜひ試してみてくださいね。