Golf Powers 試打レビュー☆

ゴルフクラブ試打レビュー、ゴルフ情報紹介。

ステルスプラスレスキュー試打評価

ステルスプラスレスキューは、兄弟モデルのステルスレスキューよりもアスリート向けでハードなイメージがあります。

ツアープロが好むような性能があるステルスプラスレスキューは、アベレージゴルファーにも使いやすいモデルなのかレビューしたいと思います!

f:id:golfpowers:20220423142346j:image

 試打スペック

ステルスプラスレスキュー3番

✖️ NSPRO910 GH (スチール)

長さ40インチ 重量389g  バランスD2.0

・番手は3種類

2番 17°/  3番 19.5°/ 4番 22°

とにかく打感がいい!

f:id:golfpowers:20220424140100j:image

フェースのマレージング鋼は、PINGやミズノなども採用している高反発、高初速を生み出す素材です。

通常は硬めの弾く打感が特徴ですが、ステルスプラスレスキューの打感はとても柔らかくてびっくりしました。フェースがたわみ、球持ちが良く打っていて楽しくなりました。

ヘッドのクラウンがカーボンだからなのか、フォージドと表記してあるのもうなずける打感でした!

捕まえても引っかからない!

f:id:golfpowers:20220424140121j:image

ステルスプラスレスキューはトウ側に重心を配置して、フェースのターンを抑え捕まり過ぎないように設計されています。

打ってみると捕まりは控えめですが、捕まえようと思えば捕まりました。

弾道はストレートとフェードが打ちやすく、引っかからないので安心して振れました。フェースコントロールしやすく、ターゲットを狙い打ちできる印象です。

ボールの高さは中弾道、ステルスレスキューよりは低いですが操作したいユーザーには良いと思います。

NSPRO910GH シャフト

f:id:golfpowers:20220424140205j:image

・スペック 重量105g  トルク2.0  先中調子

標準採用のスチールシャフトですが、NSPROらしくとても打ちやすかったです。

フィーリングはNSPRO950GHに似ていて、先中のしなり戻りでボールを拾ってくれます。

しなり量は控えめで、それほど先調子の走り感は無く安定した挙動です。

個人的にはやや重だるさを感じることはありましたが、スイングプレーンから大きく外れなければ違和感なく振れます。

標準採用のカーボンシャフトもありますが、NSPRO 910GHくらいの重さがあった方が再現性が高いと思いました。

f:id:golfpowers:20220424190008j:image

試打をしてみて、あまりの打感の良さにすぐに欲しくなってしまいました。

操作性の高さとほど良い捕まりは、アベレージゴルファーにも使えるモデルだと思いました。

ぜひ一度試してみてくださいね!