Golf Powers 試打レビュー☆

カスタムクラブ、ゴルフクラブ試打レビュー☆YouTube公開中!

ローグST LSフェアウェイウッドカスタム試打評価

キャロウェイローグSTシリーズの中で、最も低スピンで操作性の高いツアーモデル、ローグSTLSフェアウェイウッドを試打しました。

上級者向けのツアーモデルは、アベレージゴルファーにも使いこなせるのかレビューしたいと思います!

f:id:golfpowers:20220415200858j:image

機敏に動く浅重心ヘッド!

試打をしてみると、スイング中のヘッドの動きが感じ取りにくく、慣れるのに時間がかかりました。

インパクトするとガチっと打ち応えがあって、いかにも強い球が打てそうな印象でした。

浅重心なので、ヘッドが後方に下がってボールを上げてくれるようなフィーリングはありません。最近主流の低、深重心ヘッドとこんなに違うのかと、改めて思いました。

他のメーカーの浅重心ヘッド、TSI3、G425LSTなどと比べて、ローグSTLSの方がマニュアル感があって、ヘッドコントロールに気をつかうように感じました。

f:id:golfpowers:20220419123346j:image

デザイン

ヘッドは、操作性重視のコンパクトサイズです。

低重心ではなく、前重心なのでオートマチックにボールが上がりやすいヘッドではありません。

性能を活かせれば飛距離が期待できますが、マニュアルタイプのヘッドなのでコントロールするのが難しい印象でした。

f:id:golfpowers:20220419212430j:image

ローグSTLS 5番 ✖️ スピーダーNX 60S

f:id:golfpowers:20220419123519j:image

スピーダーNXはしなり量が多く、ボールを上げやすくしてくれる捕まりの良いシャフトです。

この組み合わせはNXの大きいしなりと、浅重心ヘッドの機敏さがマッチしていないように感じました。

僕の腕にも問題はありますが、試打した時しっかりボールを捉えるのに苦労してしまいました。

キャロウェイのドライバーやフェアウェイウッドは、個人的にはヘッドが軽く感じるモデルが多いように思います。

フィーリングとして物足りなく感じることがありますが、捕まりは良いので扱いやすいメリットもあります。

ラインナップは豊富なので、自分に合うモデルを選ぶのも楽しみの一つです!

今後も、色々なモデルを試打したいと思います!