Golf Powers 試打レビュー☆

ゴルフクラブ試打レビュー、ゴルフ情報紹介。

ベンタスTRブルーコース試打評価

 

 

 

 

ベンタスTRブルーをコース初使用!

練習場とゴルフ場では、不思議とフィーリングも結果も変わってくるものです。

今回はコースボールでの弾道や飛距離など、実戦での印象をレビューしたいと思います!使用ボールはキャロウェイクロムソフトX(2022年モデル)です。

f:id:golfpowers:20220422200357j:image

ベンタスTRブルースペック

  • 50  R  58g    トルク    3.5  ・50  S   58g   トルク   3.3 
  • 60  S  68g    トルク  3.1 ・60  X   68g    トルク   2.9
  • 70  S  77.5g トルク  2.9    ・70  X   78.5g  トルク  2.7 (中元調子)

スムーズでしなやかなフィーリング!

f:id:golfpowers:20220422213325j:image

ドライバーはキャロウェイSTMAX 9°です。

ベンタスシリーズはハードヒッター向けで難しいイメージがあるかもしれませんが、TRブルーの6Sは個人的にはしなやかでとても振りやすいです。

しなり戻りはスムーズで、ややスピード感があります。先端は硬いはずですが、体感的には硬いとは思いませんでした。

捕まえてくれるほどではありませんが、振り切りがとても良い印象でした。

コースで振るとちょうど良いしなり感があって、振りやすさが際立っていました。

ローグSTMAX 9°と組むと捕まりやすい!

f:id:golfpowers:20220422194617j:image

ラウンド後半になって振れてくると、捕まり過ぎて2回OBになってしまいました。

出球はストレートでも、左に大きくドローする弾道になり飛距離は出ていましたが、林の中に消えていきました…。

ドローボールになる原因は、シャフトというより捕まりやすいモデルのSTMAXドライバーが大きく作用していると思いました。

STMAXドライバーはややフックフェースでライ角59°とアップライトなので、ドローしやすい要素があります。

ベンタスTRブルーは捕まるシャフトでは無いと思いますが、STMAXドライバーのヘッド性能の方が強く現れる結果になりました。

ベンタスTRブルーに合うヘッド

f:id:golfpowers:20220423140308j:image

ローグSTシリーズの中ではローグSTLSドライバーに組むと、ストレートフェードが安定して打てるのではないかと思います。

トリプルダイヤシリーズのLSだと、フェードにしかならないような気がしますが今度試打してみます!

STMAXドライバーは捕まえに行くと捕まり過ぎてしまうので、ヘッドの調節機能で自分に合うポジションを探してみたいと思います。

テーラーメイドではステルスドライバーに組むと、安定したフェードになりそうですが、個人的には捕まりが悪くなるので難しそうです。

操作性と捕まりの良いステルスプラスかHDドライバーの方が扱いやすいように思います。

ベンタスTRブルーは標準的なシャフトよりは引き締まっていますが、中手元からのスムーズなしなりが幅広いユーザーに使いやすいシャフトなのではないかと思います。

今後もTRブルーをカスタムして、試してみたいと思います!