Golf Powers 試打レビュー☆

カスタムクラブ、ゴルフクラブ試打レビュー☆YouTube公開中!

ベンタスTRレッドステルス2ドライバー試打評価

 

 

2023年3月に発売する、ベンタスTRレッドをステルス2ドライバーに組み合わせて試打をしました。

ベンタスTRレッドはシリーズの中では1番捕まりやすく、アマチュアにも使いやすいモデルになっているようです。

今回はベンタスTRレッドの特徴と、ステルス2ドライバーも合わせてレビューしたいと思います。

ベンタスTRレッド60S

f:id:golfpowers:20230116085817j:image

f:id:golfpowers:20230119122319j:image

シャフト

ベンタスTRレッド60S

重さ  67g  トルク3.1  先中調子

ベンタスTRレッド60Sを打ってみましたが、シャフト中間から先端までムチのようなしなりがあって捕まりの良い挙動でした。

シャフトのしなり量はトルク以上に感じますが、ベンタスTRらしい張りの強いシャープな挙動で先端も硬めの仕上がりになっています。

TRレッドは大きいしなり戻りと先端のベロコアテクノロジーがボールを強く押せるので、ベンタスTRシリーズの中で1番飛距離を伸ばしやすいモデルだと思います。

弾道の傾向は高打ち出し中スピン、方向性はストレートからドロー傾向が強かったです。

TRレッドの60Sは一般的な先中調子シャフトの60Sとフィーリングが近いので、普段から60Sを使っているユーザーにも違和感なく使えると思います。

スピーダーNXブルーに近いフィーリング

f:id:golfpowers:20230117133549j:image

シャフトスペック

スピーダーNXブルー60S

重さ  63.5g   トルク  3.5   中調子

ベンタスTRレッドを打ってみて、スピーダーNXブルーと似たフィーリングを感じました。

大きめのしなり量としなり戻りの挙動が似ていて、NXブルーの方が粘り感が強くゆっくり動きます。

TRレッドはパリッとした張りの強さがありますが、典型的な先中調子の動きをします。

TRレッドは先端のベロコアテクノロジーで当たり負けしない強さがあるので、同じ60Sを比較するとTRレッドの方が捕まりは抑えられているように思います。

スピーダーNXブルーは中調子ですが、キックポイントと剛性感の違いはあるものの、TRレッドとの共通点を感じました。

ステルス2ドライバー(ノーマル)

f:id:golfpowers:20230117210930j:image

f:id:golfpowers:20230119122301j:image

ロフト10.5°

シャフト

ベンタスTRレッド  60S

ステルス2ドライバーは前作ステルスよりも芯が広くなり、ヘッドの挙動が安定してスピン量が増えたので球が上がりやすくなりました。

ヘッドのカーボンパーツが増えたことで軽量化した分、扱いやすくなるように再設計されています。

前作のステルスは低スピン傾向が強く、球が上がりにくいと評価されることがありましたが、ステルス2は幅広いユーザーに使いやすいように改良されています。

TRレッドと組み合わせると、より球が上がりやすく捕まりが良くなりました。

前作よりもやさしくなったステルス2ドライバーと、TRレッドの大きなしなりとシャフト先端のベロコアテクノロジーで、安定したビッグキャリーで飛ばせる組み合わせだと思います。

ベンタスTRレッドは比較的硬めでベロコアテクノロジーによって球のバラつきを抑えてくれるので、一般的な先中調子シャフトでは物足りないユーザーにおすすめです。

ぜひ一度、試してみてくださいね!