Golf Powers 試打レビュー☆

カスタムクラブ、ゴルフクラブ試打レビュー☆YouTube公開中!

ピンChipRチッパーコース試打評価

 

 

 

PINGチッパーをコースで初使用!

今回はグリーン周りのラフやフェアウェイなど、様々なコンディションで使用した感想をレビューしたいと思います。

チッパーはラフに強い

f:id:golfpowers:20220821214739j:image

試打スペック

長さ 34インチ ロフト 38.5°

ライ角 70°         バウンス角 8°

8月のラウンドで、芝が1番伸びる時期に使用しました。状況としては4cmくらいのラフから、ピンまで15yardのアプローチでした。

チッパーは長いラフからでも抜けが良く、小さい振り幅でもラフに負けることなくアプローチすることができました。

夏の強い芝でもヘッドが上手く滑ってくれるので、ストロークの邪魔にならない印象。ヘッド重量が重く、ロフトが立っているのが影響しているのかもしれません。

アプローチしたのは順目でしたが、芝目が逆目だったとしても引っかかることなくストロークできそうです。

ウェッジはラフに絡みついたりして、長い芝に引っかかることがありますが、チッパーにはそれがありません。

チッパーの方がヘッドサイズが大きく、フェース面積が広いことが作用してアプローチを楽にしてくれます。

フェアウェイからのアプローチ

f:id:golfpowers:20220822125843j:image

ラウンドした日の前日はかなり雨が降ったので、この日のフェアウェイは柔らかく水分が多い状態でした。

フェアウェイからの花道で、ピンまで20yardのアプローチをしました。

短いアプローチですが広いバウンスが芝の上を滑ってくれて、楽に打てました。バランス角が適度にあって、ボールにコンタクトしやすく感じました。

フェアウェイが濡れていても、フェースが水分を弾く仕上げになっているので、適正なスピン量になりイメージ通りの転がりをしてくれます。

問題はその日のグリーンコンディションに合わせて、転がりを計算してアプローチする必要があることです。

これがなかなか難しいので、ラウンドしている内につかむしかなさそうです。

ランニングウェッジ

f:id:golfpowers:20220822194409j:image

チッパーは、ランニングアプローチ専用のクラブです。

チッパーが1番活躍しそうな状況は、ターゲット方向に障害物がなくボールを転がせる場面だと思います。

距離でいうと50yardくらいまでの範囲が、チッパーの守備範囲になりそうです。

バンカー越えなどのボールを浮かせる状況や、ピンに近過ぎても使いにくいかもしれません。

それ以外のアプローチはチッパー1本でまかなえてしまうので、現場で役立つクラブになりそうです。

アップライトな捕まり

f:id:golfpowers:20220822194355j:image

構えてみるとややアップライトで、捕まりが良く見えます。

実際に打ってみると、力が入った時に捕まってしまい少し引っかかることがありました。

リラックスしてストロークできている時は問題ありませんが、緊張する場面では引っかけのミスが出そうな気がしました。

ヘッド形状は独特なので、慣れが必要かもしれません。

Z-Z115シャフト

f:id:golfpowers:20220822155505j:image

スペック

重さ 111g   トルク1.2   中元調子

PINGのカスタムオーダーでは、このシャフトしか装着できないようです。

シャフト重量は重過ぎず軽過ぎないので、ちょうど良い重さに感じました。クラブ自体短いのでしなりはほとんど感じず、違和感なく振ることができました。

トルクは少ないですが、特に硬さは感じません。一般的なパター用のスチールシャフトのようなイメージで、安定感のあるシャフトです。

f:id:golfpowers:20220823124859j:image

チッパーを活かすためには自分の振り幅と力感を、その日のグリーンの転がりに合わせることが良いアプローチにつながると思います。

アプローチでピンに寄せられれば、ゴルフが楽になりますよね。

ぜひ一度試してみてくださいね!

 

 

 


 


www.youtube.com