Golf Powers 試打レビュー☆

ゴルフクラブ試打レビュー、ゴルフ情報紹介。

スピーダーTRハイブリッドカスタム試打評価

 

 

 

ツアーの要望を受けて開発された、先端剛性の高い叩けるハイブリッドシャフト、TRハイブリッド!2020年に発売されてから、幅広いメーカーのカスタムシャフトにラインナップされています。

スピーダーらしさを残しつつ安定感が増した、TRハイブリッドをカスタムしたレビューをしたいと思います!

スピーダーTRのハイブリッド版

f:id:golfpowers:20220603212348j:image

ツアー向けに作られただけあって、重量帯は70g/Sから100g/Xまでとやや重めの設定になっています。

ハードヒッター向けのイメージはありますが、フレックスも豊富でしなりは感じやすいので、幅広いユーザーに扱いやすいシャフトです。

ウッド用のスピーダーの、スピーディなしなりを少し抑えて安定感を持たせたイメージ。中手元辺りの粘り感があるので、タイミングが取りやすい印象です。

スピーダーTRのウッド用シャフトは、剛性感が高くほとんどしなりを感じないハードなシャフトです。ツアープロやハードヒッターに好まれていましたが、アベレージゴルファーにはしならせるのに苦労するシャフトだと思います。

f:id:golfpowers:20220617125602j:image

ステルスレスキュー19°✖️TRハイブリッド85X

f:id:golfpowers:20220604133047j:image

TRハイブリッド85XはフレックスXでも、シャフト全体にしなりを感じます。Xと聞くとガチガチに硬いイメージがあるかもしれませんが、同じXでも、シャフトメーカーや種類によって硬さにバラつきがあります。TRハイブリッドはシャフトの動きがあるので、捕まりも悪くありません。

ステルスレスキューは捕まりが良いヘッドなので、TRハイブリッドを組むとドローボール傾向に。ステルスレスキューは適度なスピン量でボールが上がりやすく、飛距離の出るモデルです。僕のヘッドスピードでも、楽に200yard飛ばせます。捕まりが良く、ボールも上がって楽に飛ばせるのがこの組み合わせの良い所。

平均のスピン量は3000回転で高さも出せるので、飛距離も出つつそれなりに止まる球になるのでコースでも使いやすいクラブです。

f:id:golfpowers:20220604211609j:image

SIM2MAX✖️TRハイブリッド85S

f:id:golfpowers:20220604133234j:image

この組み合わせはよりドローボールを打ちやすく、引っかかることが多かったです。

TRハイブリッド85Sフレックスは、しなり戻る量が大きめなので捕まりが良くなりました。SIM2MAXレスキューは捕まりが良いので、思ったよりドロー傾向が強まりコースで使いにくいクラブになってしまいました。

SIM2MAXレスキューにツアーADDIハイブリッドをカスタムした時は、捕まりが抑えられ方向性はニュートラルになりました。

TRハイブリッドをカスタムするなら、捕まりが控えめなヘッドの方がバランスが良くなると思います。

ぜひ一度試してみてくださいね!

 


www.youtube.com