Golf Powers 試打レビュー☆

ゴルフクラブ試打レビュー、ゴルフ情報紹介。

ゴルフプライドCPXグリップ試打評価

2022年モデルの、ゴルフプライドCPXを使ってみました。最初に見た時は個性的な見た目に驚きましたが、実際に使ってみるととても握りやすいんです!

f:id:golfpowers:20220515120826j:image

新感覚の握りやすさ!

CPXは握る部分の凸凹が大きく、見た目にもはっきりわかります。キルティングパターンテクノロジーというもので、2種類のグリップパターンがあります。

グリップの横側の凸凹が大きいのですが、これがとても握りやすくホールド感をアップしてくれます。

握った時に指先に当たるので、凸凹を感じながらスイングできてクラブの動きを感じ取りやすい良さがあります。まるでバックラインがグリップ横側にあるような感覚で、指先を引っかけてクラブを動かす手がかりになります。そうすることで、シャフトをねじっていける操作性が気に入りました。

f:id:golfpowers:20220515101650j:image

CPXスタンダードサイズスペック

・コアサイズ M60R

・重量 52g   バックラインなし

ラインナップは4種類

f:id:golfpowers:20220515120839j:image

・アンダーサイズ

・スタンダード

・ミッドサイズ

・ジャンボサイズ

ゴルフプライドの中で最もソフト!

MCCやラバー系のグリップが定番ですが、CPXは使用素材が違っていて柔らかいフィーリングが特徴です。

CPXは握った時と、スイングした時のグリップのねじれ感が柔らかく感じます。グリップが変形してすぐに復元しますが、この柔らかいつぶれ感が好みの別れる所かもしれません。この反応の良さを活かせば、クラブコントロールに活かせると思います。

キャロウェイAPEXUW✖️ツアーADUB

f:id:golfpowers:20220515120755j:image

キャロウェイAPEXUWの、ウッド用シャフトに挿して使っています。ツアーADのシャフトは細めなのでスタンダードサイズを入れると、グローブのサイズ22㎝〜23㎝がジャストサイズになると思います。

CPXは手に吸い付くので、グリップ力が抜群です。コード入りの硬めが好きなユーザーには柔らかく感じるかもしれませんが、その他のユーザーには新感覚グリップがハマると思います!ぜひ試してみてくださいね。