Golf Powers 試打レビュー☆

カスタムクラブ、ゴルフクラブ試打レビュー☆YouTube公開中!

ヤマハリミックスVDツアーモデルアイアン試打評価

 

 

 

ヤマハクラブレンタルで、VDツアーアイアンのフルセットをレンタルしました。

ヤマハのツアーアイアンは焼きなまし製法によって、打感の良さを追求している限定モデル。

上級者向けのアイアンですが、アベレージゴルファーにも使いやすいのか、気になる打感も含めてレビューしたいと思います!

f:id:golfpowers:20220501132618j:image

左からPW.9.8.7i

左から6.5.4i

焼きなましの重厚な打感!

VDツアーアイアンは、焼きなまし製法によって軟鉄が柔らかくなり、より打感が良くなるというもの。

練習場で打ってみると、手応えのある重い打感を感じました。芯を外すとその打感は感じられないので、打点がずれるとすぐわかります。

芯で捉えた時の、ズシっとした重いフィーリングが最高でした。

やさしいツアーアイアン!

f:id:golfpowers:20220501133325j:image

ヤマハのVDアイアンシリーズは、3つのモデルがラインナップされています。試打をしたツアーアイアンは最上位モデルで、7番は34°とマッスルバック並みのロフト設定です。

当然難しいかと思いきや、けっこうやさしいんです。

ヘッドの厚みは少なく、コンパクトサイズなので芯は小さめ。しかし、ミスヒットしても、それほど飛距離の差は出ませんでした。

操作性は高くスイングなりの方向性に飛びやすいので、ヘッドがデリケートに動きます。その点では、シビアなのかもしれませんね。

いつものように打っていても難しいとは感じず、普通に打てるアイアンでした。

ちょい飛びツアーアイアン!

f:id:golfpowers:20220501151429j:image

7番のロフトは34°ですが、思いのほか飛ぶアイアンです。僕のスイングで、キャリー140yardくらいでした。

ヘッド形状を見るとキャビティバックなので、マッスルバックよりはやさしく飛距離も出る印象です。

弾道はスピンの効いた高弾道で、グリーン上でよく止まりそうなボールになります。

DGEXTOUR ISSUEウェイトロック

f:id:golfpowers:20220501180932j:image

・スペック  S200  重量131g  元調子

DG EX TOURISSUEは製品誤差を無くすため、シャフト内にウェイトが組み込まれています。

そのためか元祖DGより、張りが強く硬く感じます。

これまでPINGやテーラーメイドなどのアイアンでDG EXを試打しましたが、めちゃくちゃ硬く感じました。

VDツアーアイアンでは、不思議と重さとしなり感がちょうどいいんです。

ヘッドがコンパクトサイズだからか、重量級のDGでも振りやすく手元の粘り感も感じられて、ちょうど良い振りやすさでした。

ヘッドのマッチングによって、シャフトのフィーリングが変わってくるものですね。

どの番手も打ちやすい!

練習場で全ての番手を試打しました。

ショートアイアンは捕まりが良く、コントロールしやすく感じました。DG EXシャフトでも、しっかり捕まえられる良さがあります。

ミドルアイアンは操作性が高く、番手よりはちょい飛びでした。スピンがしっかり入って、伸び上がるきれいな弾道になりました。

ロングアイアンはさすがに4番は難しかったですが、5番は比較的やさしく、普通に打つことができました。

5番アイアンはロフト27°と寝ているので捕まえやすいこともありますが、シビアな印象はなく打ちやすく感じました。

VDツアーアイアンの打感は、焼きなましによって唯一無二のフィーリングがあります。それでいて比較的扱いやすく、飛距離が出てくれるので総合力の高いアイアンだと思います。ぜひ一度試してみてくださいね。