Golf Powers 試打レビュー☆

ゴルフクラブ試打レビュー、ゴルフ情報紹介。

キャロウェイAPEXUWカスタム試打評価 ②

 キャロウェイAPEXUW、カスタムシャフト第二弾です!

第一弾はAPEXUW17°、ディアマナPD70Xでカスタムしました。結果、硬過ぎとかなり重めのスペックになってしまい断念しました…。

第二弾も懲りずに70Xにしましたが、しなりを感じやすいツアーADUBならいけると思いオーダーしました。

今回はツアーADUB!カスタムレビューをしたいと思います!

f:id:golfpowers:20220514120212j:image

APEXUW 17°✖️ツアーADUB 70X

f:id:golfpowers:20220514211518j:image

前回カスタムしたディアマナPD70Xよりは、振りやすくなりました。ツアーADUBの方が適度なしなりを感じ、フィニッシュまで楽に振り切れます。

ディアマナPD70Xはガチガチに硬く張り感が強いので、しならせるのが大変なんです。

UBの方がしなる分コントロールしやすく、捕まりも良く感じます。

クラブの長さは短めの41インチなので、70Xで組んだ時のフィーリングが想像できませんでしたが、思ったより振りやすくなりました。

ロフト17°は球が上がりにくい!

f:id:golfpowers:20220514143233j:image

僕はドローヒッターですが、捕まえて打つとドロップ気味の弾道になってボールが上がりません。APEXUWは浅重心と高い操作性があるので、ドローボールだと余計に上がりにくいんです。逆にフェードヒッターなら、ボールは上がりやすいと思います。

タイトリストのTSI2ユーティリティの18°を使っていますが、同じ打ち方でも弾道をコントロールしやすくボールは楽に上がってくれます。

APEXUWはリアルロフトが表示より立っているという情報もありますが、ボールの上がりにくさを実感しました。

ロフト19°なら、まだ扱いやすいクラブになったかもしれませんね。

操作性抜群!強弾道!

f:id:golfpowers:20220514151345j:image

APEXUWはマニュアル感の強いクラブです。

捕まえて打てばドローに、カットに打てばフェードにヘッドが機敏に動いてくれます。

そういう意味では打ちやすいクラブですが、ロフト17°は球が上がりにくいのが難しいところです。

ボールスピードは早く、低スピン強弾道でランが出やすい弾道になります。

ティーアップしてのショットには、飛距離が稼げるので向いていると思います。

おすすめカスタムシャフト!

APEXUWはオートマチックに打てるクラブではないので、操作性の高いヘッドに合うシャフトがおすすめ。

僕自身カスタムをしてみて、硬過ぎるシャフトは合わないと思っています。

弾道の打ち分けがしやすいヘッドなので、捕まりの良いある程度動きのあるシャフトがヘッドの特性を活かせると思います。

スピーダーNXやアッタスキングにも相性が良いのではないかと思うので、またカスタムしてみたいです。

まだまだカスタムクラブの旅は続きますよ〜!