Golf Powers 試打レビュー☆

ゴルフクラブ試打レビュー、ゴルフ情報紹介。

ピングライド4.0 モーダス115試打評価

NSPROモーダスシリーズに新しく加わった115は、105と120のちょうど真ん中を埋めるスペック。

近年スチールシャフトも重量帯の細分化が進み、それだけのニーズがあって登場したシャフトだと思います。

今回はPING、ⅰ59アイアンやグライド4.0ウェッジで試打をしたレビューをしたいと思います。

f:id:golfpowers:20220324084739j:plain

 モーダス115スペック

  • R /117.5g  トルク1.7
  • S /118.5g  トルク1.6
  • X /119.5g  トルク1.5
  • (元調子)

モーダス115はモーダス120より重くハードなシャフト!

この2種類のSフレックスを比べると、115の方が4gも重くなります。120の方が重いと勘違いしやすいですが、実は115の方が重いんです!

フレックスがXになると、120の方が1g重くなります。この2種類のシャフトには、名前の表記とは違う重さがあるのでご注意くださいね。

115の重さと硬さを考えると、120と125の間に位置付けられても良いような気がします。

その間の数字は中途半端なので、115になったのかどうかはわかりません…。

f:id:golfpowers:20220328211837j:image

モーダス115のターゲット層は!?

115は105、120に比べて中手元あたりが硬く、しっかりしています。シャフト先端のシャープなしなり戻りはありますが、スピード感とキレの良さを1番感じます。シャフト全体がパリッとしているので、硬めのフィーリングを好むゴルファー向けだと思います。

個人的にはモーダス105や120はしなり量が大きいので、タイミングが取りにくく感じます。115はブレないシャフトなので、タイミングが取りやすい!

普段柔らかめのシャフトを使っているゴルファーでも、手元が硬くても先端の走り感(運動量)はあるので、インパクトしやすくなるのではないかと思います。

モーダス115はハードフレックスユーザーと、ソフトフレックスユーザーどちらのタイプでも使えるシャフトなのではないかと思います!

f:id:golfpowers:20220328211926j:image

モーダス125をやさしくしたシャフト!

「モーダス125(S)スペック 重量 128.5 トルク 1.5  元調子」

モーダス115(S)は125(S)より10g軽くなりますが、しなり感は似ています。

125の方がよりしっかり感は増しますが、125を少し軽くしてしなり量を増やすとちょうど115になるイメージです。

PINGグライド4.0(46°) ✖️ モーダス115

f:id:golfpowers:20220329082631j:image

グライド4.0は安定感のあるヘッドなので、115との組み合わせはヘッドを感じやすく振りやすかったです。ウェッジの長さ(35.5インチ)でも115の良さは損なわれることなく、しなりを感じながら振ることができます。

モーダス115は操作性のあるコンパクトヘッドよりも、慣性モーメントの高い大きめヘッドの方が相性が良いと思いました。

PING i59アイアン(5番)✖️モーダス115

f:id:golfpowers:20220329123449j:image

i59アイアンの5番をレンタルしてみました。

ロングアイアンなので、軽めのシャフトが良いと思い115を選びました。

結果的にi59は操作性が高い軽めのヘッドなので、安定しませんでした。ツアーモデルのコンパクトヘッドに組むと、シャフトの挙動が振りにくく暴れる印象でした。僕程度の腕では、使いこなすのは難しいです!個人的にはi59アイアンには、重めのしっかりしたシャフトが合うと思います!

モーダス115は120と125の隙間を埋めるちょうど良いスペックなので、フィットするユーザーが多いのではないかと思います。

興味のある方は、ぜひ試してみて下さいね!