Golf Powers 試打レビュー☆

ゴルフクラブ試打レビュー、ゴルフ情報紹介。

KBSツアー Cテーパーシャフト試打レビュー

f:id:golfpowers:20220325224726j:image

KBSシャフトの中で最もポピュラーなKBSツアーは、先中調子でスピン性能が高くスピーディなシャフトです。

個人的には手元調子や中調子のシャフトが好きなので、KBSの中で合うシャフトを探して見つけたのがCテーパーです。

今回はKBSの重量級シャフトの中では、1番硬くしなりの少ないCテーパーをレビューします。

KBSツアー Cテーパー 

f:id:golfpowers:20220325224525j:image

  • スペック
  • R 110g / R + 115g / S 120g
  • S + 125g / X 130g
  • (中調子)

Cテーパーはシャフト全体のしなりのバランスが、均等になるように作られています。そのためシャフト全体が硬く、しなりを感じるポイントはわずかしかありません。

シャフトの動きが安定しているので、操作しやすく感じます。しかし、捕まるシャフトではないので、先端が硬いシャフトを好むゴルファーに向いているような気がします。

僕は120gのSを使っていますが、平均的なシャフトのXくらいのハードさを感じます。それほどしならないシャフトです。

実際に打ってみると、シャフトの真ん中と先端がわずかにしなるのでシャープに振り切れます。このあたりにKBSらしい鋭いフィーリングを感じました。

KBSツアー 

先中調子/高弾道/高スピン

f:id:golfpowers:20220326090449j:image

3種類の中では、1番捕まるシャフトです。

手元はとても硬くしなりを感じませんが、先中あたりがムチのように走るのでスピン量が増えて、ボールが高く上がりやすいシャフトです。

スピーダーNX/モーダス105/NS950GH/ユーザーには相性が良いと思います。

 KBS Sテーパー

中元調子/中弾道/中スピン

KBSツアーとCテーパーの、真ん中の位置付けです。

KBSツアーほど先中がしならず、Cテーパーほど先端は硬くないので幅広いゴルファーに合いそうなシャフトです。

 ミズノプロFLIHI ✖ KBS Cテーパー

f:id:golfpowers:20220325224451j:image

f:id:golfpowers:20220325224812j:image

個人的にはアイアン型ユーティリティに、Cテーパーは相性が良いと思います。

コースで使いましたが、狭い落とし所にも狙いやすく方向性は抜群でした。アイアン型のラインの出しやすさと、コントロールしやすいCテーパーがマッチする印象です。

Cテーパーは低弾道になりやすいとのことですが、実際には中弾道くらいの高さになりました。ミズノプロ(ロフト21°)はボールが上がりやすいモデルではないですが、Cテーパーでもロフトなりの高さが出てくれました。

DG120X100・KBS Cテーパーの比較

f:id:golfpowers:20220326183050j:image

同じ重量帯ですが、DG120は手元にDGらしい粘り感があって、先端は硬く振り抜きの良いシャフトです。

個人的には、Cテーパーの方が振り応えがあって、ブレが少なく感じます。手元の粘り感の差と、シャフトの太さが関係しているのかもしれませんね。

DG120の方が抵抗感が少なく感じるので、スピーディに振り切れます。

Cテーパーはそれよりゆっくりした動きで、プロジェクトXのようなフィーリングがあります。

打ち比べると微妙な違いがあって、おもしろいんです!

Cテーパーの魅力

とにかくブレないシャフトです。ハード感の中にもシャープなキレがあるので、そのポイントでインパクトするのが最高なんです。120Sは重量の割には、もたつきがない分軽く感じます。その他にも重量帯は豊富なので、110Rや115R +でも軽硬が好きな方にはおすすめです。

ハードなシャフトではありますが、元調子ユーザーにはきっとハマると思います。

試打する機会は少ないですが、ミズノの試打会やフィッティングに行くと打つことができると思います!気になる方は、ぜひ試してみて下さいね!