Golf Powers 試打レビュー☆

ゴルフクラブ試打レビュー、ゴルフ情報紹介。

ホンマD1ゴルフボール(2020年)試打評価レビュー

ホンマD1(2020年)ボールの特徴

f:id:golfpowers:20220204130001j:image

  • 素材カバー:アイオノマー、コア:高反発ソフトラバー
  • 構造:2ピース
  • タイプ:飛距離追求
  • フィーリング:ソフト
  • 適応ヘッドスピード:全領域
  • ディンプル:368
  • カラー:ホワイト、イエロー、オレンジ、マルチカラー
  • 原産国:中国・台湾

ホンマのD1ボールは1ダース1980円の低価格と飛距離性能の高さで、ゴルフボール売り上げランキング上位の人気ボールになっています。

ゴルフ場に行くとロストボールで見かけるボールが、ホンマD1ボールが多いことも人気の証拠なんだなと実感しています。

ホンマによると、「アマチュアの平均的ヘッドスピード領域(38m~43m)においても他社と比較して飛距離優位性を発揮。」(ホンマ調べ)

ヘッドスピードが速くなくても、D1ボールは飛距離性能が高いということですね。

D1ボールコース試打

f:id:golfpowers:20220207130254j:image

 

 

 

ホンマD1ボールをコースで使ってみました。使用クラブは、スリクソンZX5ドライバーロフト9°、アイアンはスリクソンZX7です。

1月の気温がマイナスになった寒い日でしたが、ドライバーショットは数ホールで最高飛距離をマークしました。

そのコースは15回ほどラウンドしたコースなので、ドライバーの飛距離の落下地点でどれだけ飛んでいるかよくわかるコースなので、飛距離性能が確かなことがわかりました。

ホンマによると打感は柔らかさを維持しているとのことでしたが、個人的には打感は硬めで、しっかりとした手応えがありました。硬めの打感なので、ショットをした時により飛ぶような気がします。

スピン系の柔らかいボールよりも、飛距離重視タイプの硬めのボールの方がスピンが少なくなるので、曲がりにくくなるようです。D1ボールを打ってみて、弾道の直進性の高さと曲がりにくさを実感しました。
f:id:golfpowers:20220202123402j:image

D1ボールを、アイアンとウエッジでも打ってみました。

スリクソンZX7アイアンは軟鉄鍛造ですが、打感は柔らかさを感じました。弾き感もありましたが、気になるほどではなかったです。

スピン量は普通で、グリーン上にしっかり止まってくれました。ただスピン系のボールと比べると、スピン量は少ない気がします。

使用回数が少ないので慣れてないこともありますが、正直PAR3などでは、スピン系のボールの方が安心感があります。

グリーン周りのアプローチでは、スピン性能に問題無く、違和感なく使うことができました。スピンで止めるようなアプローチショットは試していませんが、普通のランニングアプローチでは問題ありませんでした。

D1ボールの1番の魅力である飛距離性能の高さを感じると、病みつきになりそうです。僕自身が、ボール選びの面白さにハマってしまいました。

これから色々なタイプのボールを、コースで試してレビューしていきます!D1ボールぜひ試してみてくださいね。