Golf Powers 試打レビュー☆

ゴルフクラブ試打レビュー、ゴルフ情報紹介。

ミズノプロ225アイアン試打評価レビュー

ミズノプロ225アイアンの特徴

  • ショートアイアンは、軟鉄フェースとステンレスボディの複合構造。高重心化設計によって、低打ち出し高スピンでグリーンを狙えます。
  • ロング、ミドルアイアンはクロムモリブデン鋼フェースにタングステンウエイト、ステンレスボディの複合構造。
  • 高初速・低重心化設計によって、やさしく高弾道のショットでグリーンを狙えます。(ミズノHPより引用)

「ロフト設定」 No.4/21.5、No.5/24、No.6/27、No.7/30、No.8/34、No.9/39、PW/44

ミズノプロ225アイアンは221、223と3モデルある中で、1番ストロングロフトで飛距離性能が高いモデルです。ヘッドが中空構造になっているので、ミスヒットに強くボールが上がりやすくなっています。

ミズノプロと聞くと難しい印象があるかもしれませんが、まったくそんなことはなく、寛容性を感じることができます。5番アイアンでもスピンが入りやすく、しっかりボールが上がります。クロムモリブデン鋼フェースによってボールスピードが上がり、強い球を打つことができます。

ヘッドのブレードの長さはコンパクトになっているので、操作性が高くドロー、フェードを打ち分けやすくなっています。複合構造なのでヘッドサイズがコンパクトな割には、やさしく打つことができます。

225アイアンは飛距離を追求しているモデルで、ロングミドルアイアンがボールを弾くような構造になっています。しかし飛びに振ったモデルにも、爽快な打感を感じることができます。球持ちがよくフェースに乗ってから飛ぶ感触が、打っていて楽しくなるアイアンです。

f:id:golfpowers:20220124125605j:image

 

 

225アイアン5番 ✖ プロジェクトX LZ 6.0

バックフェースから見ると、マッスルバックの221アイアンにそっくりです。それくらい見た目がきれいで、ぱっと見は中空構造のアイアンには見えないです。

ヘッドを見れば見るほど、きれいに作られているのがわかります。やさしいモデルのアイアンは見た目が野暮ったくなりがちですが、ミズノプロアイアンは美しい顔が保たれているのですごいと思います。

グースは適度についているので、構えても難しい印象はありません。ソール幅はしっかり確保されているので、ダフリのミスにも強いです。またソール形状の工夫によって、地面からの抜けが良くなっています。

実際に打ってみると、ミズノ鍛造アイアン史上最高反発を感じます。5番アイアンはとにかく球が強く、ボールスピードが速いです。なおかつスピンは適度に入るので、グリーンに止まりやすくなっています。

プロジェクトX LZ 6.0

f:id:golfpowers:20220116212659j:image

プロジェクトX LZの特徴

  • 新技術TWT(トリプル・ウォール・テクノロジー)にてティップとバット部分の強度を上げ、シャフト中間部分の“Loading Zone” でエネルギー伝導率の最大化・最適化を達成。
  • フレックス毎に最適なテーパー率でシャフトの硬度を調節した上、重量もフレックス毎に設定を大きく変えており、幅広いスペックを用意。(True Temperより引用)
  • プロジェクト X LZのスペック
  • 中元調子 ・5.0 /110g ・ 5.5 / 115g  ・6.0 /120g ・ 6.5 /125g

プロジェクトX LZは2016年のUSPGAツアー、フロリダシリーズを制しています。THE HONDA CLASSIC、WGCキャデラック選手権を2連勝したのはアダムスコット選手でした。スコット選手はこの試合でプロジェクトXLZに変更して、アイアンショットの好調ぶりを発揮して勝利しました。スコット選手は当時、アイアンショットでボールが上がりやすくなったと話していたのを覚えています。

僕はゴルフショップにたまたま置いてあった試打クラブを打ってみて、その振りやすさに衝撃を受けました。その感覚が忘れられず、一度は使ってみたいと思い購入に至りました。

プロジェクトXとプロジェクトXLZの比較

プロジェクトXLZは定番モデルのプロジェクトXに比べて、ボールを捕まえやすいシャフトだと思います。LZは中元調子でしなり戻りがスピーディなので、ボールを弾くフィーリングです。振動数の割にはトルクがあるので、しなりを感じます。硬過ぎないのでスイングした時に楽に振れる感覚があります。

定番のプロジェクトXは6.0(120g)で比較するとLZより先端が硬く、しなり量は少なめになります。捕まりは控えめなので、フィーリングが合わないと振りにくく感じるかもしれませんね。

しかし、USPGAツアーのトッププロ達が愛用しているシャフトなので、一度は使ってみたくなりますよね。僕は以前プロジェクトX、5.5(115g)を試しましたが、想像以上にしなり量があってタイミングが合わなかったのであきらめました。次はプロジェクトX、6.0を試してみるつもりです。

しなりを使ってやさしく飛ばしたいならLZ、元調子が好きで先端の硬さが苦にならない方は、プロジェクトXが良いのではないかと思います。

個人的にミズノプロ225アイアンがとても気に入ったので、次は4番アイアンに挑戦しようと思っています。

ゴルフショップに行くとミズノの試打クラブがあると思うので、ぜひ試してみてくださいね。