Golf Powers 試打レビュー☆

ゴルフクラブ試打レビュー、ゴルフ情報紹介。

テーラーメイドステルスレスキュー試打評価

f:id:golfpowers:20220116212228j:image

ステルスレスキューの特徴

  • カーボンクラウンによる余剰重量を最適化し寛容性をアップ。
  • Vスチールソールによって、ソールの接地面積を減らし抜けの良さを高める。
  • 450SS ICTツイストフェースによって直進性を高め球の曲がりを軽減。
  • 貫通型スピードポケットによる、ミスヒット時のボール初速維持。(テーラーメイドHPより引用)

SIM2MAXレスキューとの比較

試打スペック ステルスレスキュー22° ✖ KBS MAX MT85

ステルスレスキューは捕まりが良いモデルですが、前作SIM2 MAXと比べると捕まりは控えめに感じました。SIM2MAXは捕まりが良く、ドローボールになりやすかったので引っかけることが多くありました。その点、ステルスレスキューは引っかけにくくなったので、使いやすくなったと思います。

ヘッドサイズは前作と比べてほとんど変わっていませんが、クラウン部分がマットブラックになったことで、個人的にはボールに集中しやすくアドレスしやすくなりました。

フェース素材が前作のマレージング鋼からステンレススチールになったことで、柔らかい打感になりました。マレージング鋼は硬めの打感で高い金属音がしますが、ステンレススチールはおとなしい打音です。

f:id:golfpowers:20220116212335j:image

 

 

 

ステルスレスキューは直進性の高いモデルですが、ほど良い操作性もあります。試打をしていてストレート、またはドローボールになりやすかったですが、フェードボールを打ち分けることもできました。

スピンが入りやすく球が上がりやすいので、やさしくキャリーを出したい方におすすめです。

KBS MAX MT85スチールシャフト

f:id:golfpowers:20220116212318j:image

  •  スペック ・先中調子 ・重量109g ・トルク 1.8

ステルスレスキューに、標準採用されているスチールシャフトです。

僕は手元調子のシャフトを好んで使っていますが、KBS MAXスチールシャフトは先中調子でも違和感なく振ることができました。

手元は硬く先中がしなりますが、部分的な動きではなくシャフト全体でボールを押し込める感覚です。クラブを振り切った時にシャフトの走り感はありますが、嫌な動きではなく気持ちよく振り切れます。試打データでは、よく飛んでいました。スチールシャフトで、ここまで飛距離が出てびっくりです。僕にはシャフトの相性が良かったのかもしれませんね。

KBSらしいシャフト挙動で、絶妙なシャフトのねじれ感が僕には打ちやすく感じました。KBSのシャフトには、病みつきになる魅力を感じます。

シャフトのカット前重量は109gと重めですが、クラブ総重量はNSPRO 950NEO装着時と同じになります。厳密なシャフト重量はわかりませんが重さが気になる方は、950NEOを基準に考えると良いかもしれませんね。

TENSEI RED TM 60

  • スペック(S)・中調子 ・重量 68g  ・トルク 2.9

ステルスレスキューの、標準カーボンシャフトです。

くせのない挙動の、オーソドックスなカーボンシャフトです。軽めの60g台のシャフトなので、楽に飛距離を稼ぎたい方におすすめです。

カスタムシャフト

その他にもレスキュー用の、様々なカスタムシャフトがラインナップされています。

定番のテンセイオレンジハイブリッドやTRハイブリッドなどもありますが、個人的にはフジクラMCIがおすすめです。

MCIはアイアン用シャフトですが、テーラーメイドのレスキューに採用されています。中調子のシャフトで適度なしなり感が振りやすく、万人向けのシャフトだと思います。スペックも豊富で、50g~100gまで幅広くラインナップされています。値段は税抜き38000円で、TENSEI RED TMとほとんど変わらないのでお得感があります。ぜひ試してみてくださいね。