Golf Powers 試打レビュー☆

ゴルフクラブ試打レビュー、ゴルフ情報紹介。

ピンi59アイアン試打評価レビュー

i59 5番アイアン✖モーダス115

f:id:golfpowers:20211229183145j:image
f:id:golfpowers:20211229183148j:image

ピンクラブレンタルを利用して、i59の5番アイアンを試打しました。

ピンのクラブレンタルは、ドライバーからパターまで好きなクラブを4本選ぶことができます。3泊4日、送料込みで3300円とお得なレンタルなのでよく利用しています。

i59アイアンの特徴

  • 打感、操作性、美しさを兼ね備えた、これまでの常識を覆す新構造ブレードアイアン「i59」
  • 軟鉄鍛造のヘッド内部に搭載した"アルミ・コア・インサート"がインパクト時に心地良い打感と打球音を生み出し、摩擦力を最大限に引き出す新溝"マイクロマックス・グルーヴ"が究極のスピン性能を発揮。
  • 重量周辺配分された設計でミスヒットに強く、上級者が求める飛距離コントロールが可能に。(ピンHPより引用)

i59アイアンの5番アイアンを打ってみましたが、ピンのモデルの中でも上級者モデルだと実感しました。ツアーモデルの位置付けなので、当たり前と言えば当たり前ですね。

レンタルしたのはモーダス115 Sシャフトだったので、バランスが軽めに出てシャープな振り心地になりました。

ヘッドがコンパクトな分、挙動を感じ取りにくくダウンスイング後半から、わずかにヘッドの動きを感じました。

インパクトを分厚くしないと、いいボールにならない印象です。5番アイアンの難易度が高いことを差し引いても、シビアな分類のアイアンだと思いました。

5番アイアンでもボールはそれなりに上がるので、スピン量は普通くらいだと思います。方向性はニュートラルで、捕まりは良くも悪くもないです。

打感は柔らかさもありますが、金属的な硬さも感じます。打音はピン独特の、低めの金属的な音がしました。

ピンi210アイアンとの比較

i210アイアンを以前使っていましたが、断然i210の方がやさしいですね。i59アイアンのようにインパクトに気を使わなくても、オートマチックに打ちやすいアイアンです。ダウンブローを意識しなくても、ロフトなりに当てればいいボールが打てる印象です。打感と打音は、似てるような気がします。

N.S.PRO MODUS 115

このシャフトを使うのを楽しみにしていました。最近、色々なメーカーで採用されるようになってきたモーダスの新作です。 試打した印象は、モーダス115は105を少し重くして、硬くしたようなフィーリングでした。先端の走り感は105より少なく、先中が硬いまま走るような感覚です。105は先端に少し柔らかさを感じますが、115には柔らかさを感じませんでした。105Sに物足りなさを感じる方には、良いかもしれませんね。 115はシャフト全体の剛性が高いので、しっかり振ってもシャフトが追いついてきてくれます。ロングアイアンを、軽めにシャープに振りたい方に良いかもしれませんね。

i59 7番アイアン✖️プロジェクトX 6.0


この組み合わせを店内で試打しましたが、すぐに買いたくなりました。 プロジェクトXはハードなシャフトですが、操作性の高いi59アイアンに相性が良かったです。フレックスは6.0なので、ロングアイアンは振れる時でないと厳しいでしょう。やっぱり7番アイアンは、5番アイアンよりやさしいですね。 シャフトをプロジェクトXにしても、ヘッドの挙動は変わりませんでした。ヘッドを軽めに感じて、スイングの邪魔にならない印象でした。 i59アイアンは上級者モデルの中では、やさしい分類に入るのではないかと思います。打ってみた印象も、ミスヒットにもある程度の寛容さがありました。ヘッド内の重量配分によって、打点のブレにも強くなっています。ブレードタイプのコンパクトヘッドですが、複合素材を組み合わせてやさしくなっているのはいかにもピンらしいですね。見た目もかっこよくて、1度は使ってみたくなるi59アイアン。ぜひ試してみてくださいね。