Golf Powers 試打レビュー☆

カスタムクラブ、ゴルフクラブ試打レビュー☆YouTube公開中!

プロジェクトXシャフト試打評価レビュー

f:id:golfpowers:20220217143833j:plain



 

 

 

プロジェクトXは、ダイナミックゴールドで有名なトゥルーテンパー社のシャフトです。

アメリカではかつてトゥルーテンパーに匹敵する人気がありながら、経営不振により買収されてしまいました。しかし、一部のユーザーには絶大な人気があり、今もなお生き残っているシャフトです。

マキロイ選手やJスピース選手、Jラーム選手が、今も愛用しているシャフトです。

僕は1年半前にスリクソンZX5アイアンに、プロジェクトX 5.5を挿して使っていました。

スリクソンは高価なプロジェクトXを、追い金たったの1000円(1本)で買えてしまう貴重なメーカーなんです。

タイトリスト、キャロウェイ、テーラーメイドなどは追い金なんと約5000円(1本)です。僕はスリクソンも好きなので、迷わずスリクソンでオーダーしました。

プロジェクトXはハードなイメージのシャフトですが、ラインナップは豊富にあります。

プロジェクトX スペック (元調子)

  • 5.0/113g     5.5/118g     6.0/121g
  • 6.5/125g    7.0/130g (カット前重量)

 

  • 適応ヘッドスピード/50m/s~(7.0)
  • 48~54m/s(6.5)    46~52m/s(6.0)
  • 43~50m/s(5.5)    40~47m/s(5.0)

スリクソン ZX5アイアン ✖️ プロジェクトX 5.5

僕のヘッドスピードは45mくらいなので、5.5を選びました。

スリクソンZX5アイアンのヘッドは、比較的やさしいモデルです。ミスへの許容範囲は広く、飛距離の出るアイアンです。平均的なモデルより1番手以上飛ぶので、コースで距離感を合わすのに苦労しました。アイアンに飛距離が欲しい方には、やさしい良いアイアンです。

ZX5はゴルフショップで試打に試打を重ね、オーダーしました。クラブが届いてすぐに練習場で打つと、なかなか上手く打てずショックだったのを今でも覚えています。

プロジェクトXのフィーリング

f:id:golfpowers:20211226195447j:image

f:id:golfpowers:20211226195458j:image

プロジェクトXは独特なしなり感があって、合う合わないがはっきり分かれるシャフトだと思います。シャフトが硬い割にトルク(ねじれ)が大きいので、難易度は高いです。僕のヘッドスピードには5.5が適正スペックだったのですが、特有のしなりと重さを上手く扱いきれませんでした。店内試打だけでは、わからないものです…

プロジェクトXは一般的なスチールシャフトと違って、ステップ(シャフトの節)がありません。それにダイナミックゴールドやモーダスより太く、重さを感じやすいと思います。ハマればいい球が打てますが、ミスをするとひどい球が出る、そんな印象です。シャフトのトルク(ねじれが)が大きいので、クラブコントロールが上手くできないと暴れやすいのだと思います。

PINGシャフトフィッティング

f:id:golfpowers:20211226134627j:image

f:id:golfpowers:20211226144028j:image

久しぶりにプロジェクトXを試打しました。試打クラブはPINGi59 ✖️ プロジェクトX6.0です。

以前は5.5が合わなかったので、6.0にしてみました。クラブを持つと、ズッシリとした重みを感じます。しかし打ってみると、めっちゃいいんです!やはりプロジェクトXは、病みつきになるような良いフィーリングがあるんです。6.0は硬くて重いですが、振り切った時の走り感が最高です!

その時ゴルフショップの店員さんに、たまたまプロジェクトXユーザーがいました。

その人は『余計なしなりがなく、ヘッドが迷いなく降りてきてくれる。』と話していました。僕は『5.5だとしなりのタイミングが合わない』と話すと、店員さんは『しなりを感じない』と話していました。当たり前かもしれないですが、人によって感じ方は違うものですね。

感じ方は違えど、不思議な魅力のあるシャフトです。今はZX7アイアン ✖️ DG120 X100を使っていますが、次のアイアンにはプロジェクトXを、懲りずに使ってみたいです!