Golf Powers 試打レビュー☆

カスタムクラブ、ゴルフクラブ試打レビュー☆YouTube公開中!

三菱ケミカルシャフトレンタルアルディラリップX試打評価

G425MAX 9° ✖️ リップX 65S 

f:id:golfpowers:20211215153753j:image

リップXの特徴

  • シャフト長手方向に対してカーボンファイバーを斜めに向ける「バイアス層」を 効果的に 配置するR.I.P.(Reverse Inter-Laminar Placement)テクノロジーに加え、先端に多軸平織り層を配置するMICRO MAMBA™(Multi-Axial Material Bias Angle) テクノロジーにより、シャフトのねじれ・潰れを抑制し、インパクト時の安定した挙動を実 現。低スピンの 中弾道で飛ばす、新たなRIPが誕生しました。(アルディラHPより引用)

アルディラリップX、65Sを試打しました。

リップXは50グラムから90グラムまでラインナップされています。今時90グラムまであるとは、ハードなシャフトの予感がします。試打をした65Sは60グラム台のシャフトで、フレックスはR,S,Xの中のSを選びました。

口コミを見てリップXは超硬い!との評判だったので、Sを選びました。表記は中元調子、65Sでトルクは4.6ですが、振ってみるとトルク4.6とは到底思えない硬さでした。

これぞアメリカのシャフトといったところでしょうか。シャフトの中元あたりはしなりを感じ、粘り感のあるフィーリングです。しかし、先端部分がゲキ硬のシャフトで衝撃を受けました。色々なシャフトを打ちましたが、ここまで先端部分の硬さを感じたのは初めてです。例えるなら、ハードなシャフトで有名なベンタスブラック6Xよりも硬いと思いました。振動数を比較しても、ベンタスブラックよりリップXの方が硬いです。
f:id:golfpowers:20211215153746j:image
f:id:golfpowers:20211215153750j:image

上記の写真にあるように、シャフトを見るとカーボンファイバーが全体に巻かれているのが見えます。これがリップXのMICRO MAMBAテクノロジーのようで、いかにも硬そうに見えます。

下記のコースで打ってみましたが、先端部分が硬過ぎて打ち負けてしまいました。リップXを使いこなすには、相当なパワーがないと難しそうです。

今回は65Sを試打しましたが、55Sならそれなりに使えるのかもしれません。

f:id:golfpowers:20211216204005j:image

 

 

三菱ケミカルシャフトレンタル

三菱ケミカルのシャフトレンタルを利用すると、期間は3泊4日、3000円程で好きなシャフトをレンタルできます。

ドライバーのヘッドはテーラーメイド、PING、ヤマハ、プロギアなどがあって、各メーカーのスリーブ付きシャフトがたくさんあります。三菱ケミカルのディアマナ、テンセイ、アルディラの豊富なスペックから選ぶことができます。

店内試打や試打会だけでは物足りないと思う方は、4日間じっくり試打ができるシャフトレンタルがおすすめです。

僕はラウンドする日に合わせてシャフトをレンタルして、コースで試打を楽しんでいます。ぜひ試してみてくださいね。