Golf Powers 試打レビュー☆

ゴルフクラブ試打レビュー、ゴルフ情報紹介。

ピンG425MAXアルディラローグブラックコース試打評価

G425MAX 9° ✖️ ローグブラック 60TX

f:id:golfpowers:20211215153852j:image

ローグブラック130MSIの特徴

  • 90tカーボンファイバー採用のALDILA™フラッグシップモデル・ROGUE™ 130M.S.I.シリーズは、航空宇宙グレードの90t(130M.S.I.)超高弾性カーボンファイバーを採用。ツアーにおけるトレンドを踏まえたハイバランスポイント設計により、スイングスピードを最大化し、プレーヤーのベストパフォーマンスを引き出します。BLACK 130M.S.Iシリーズは、程よいつかまりとやさしさがあり、中高弾道のビッグキャリーで最大距離を狙えます。(アルディラHPより引用)

f:id:golfpowers:20211215153849j:image

 

 

コース試打レビュー

三菱ケミカルでシャフトレンタルをして、コースで打ってみました。

ラウンド前の練習では、ローグホワイト、ブラック、リップXの3種類のシャフトを試打しました。その中で一番しなりを感じ、やさしく打てそうだと思ったので、ローグブラックを選びました。

練習では数球打っただけで、バタバタとティグランドへ。スタートホールでは引っかけてしまい、低いドローボールになってしまいました。

ハーフ9ホール使った結果、低めのドローボールが多かったです。

僕は元々フッカーですが、手で合わせるような打ち方が強かったのが原因かもしれませんね。

ローグブラックの、60グラム台のTXを試打しました。フレックスはTX,TS,TRの3種類あります。TXの表記は中調子、トルク4.0ですが、日本仕様の感覚で振ると硬く感じると思います。

弾道は中高弾道で、スピン量はほど良く入りやすいと思います。ローグホワイトよりはやさしく、一発の飛距離を狙えると思います。


f:id:golfpowers:20211215153856j:image

f:id:golfpowers:20211219182938j:image

試打したコースは向かって左側に池があったり、即OBになるせまいホールがたくさんありました。

ドローボールが多く出たので、OB杭ギリギリまで飛んで行ったり池手前で止まっていたり、ビビりながらのティショットが続きました。