Golf Powers 試打レビュー☆

ゴルフクラブ試打レビュー、ゴルフ情報紹介。

ピンG425LSTドライバー 試打評価レビュー

G425 LST ドライバー 5ヶ月間の使用レビュー

 

f:id:golfpowers:20211105153355j:image

G425 LST ドライバー ロフト9° ✖ テンセイホワイトプロ 1K 6S

コースと練習場で5ヶ月間使用しました。ヘッドの打感は、柔らかめで個人的には好きな打感でした。

打音は高めで弾く感触ですが、G425スタンダードモデルよりは落ち着いています。

高慣性モーメントなのでミスヒットをしてもヘッドがブレにくく、低スピンの弾道になりやすいモデルです。ウエイトポジションを変えると、ヘッドの返りやすさにけっこう影響して、ドロー、フェードの弾道になりやすかったです。

ちなみに僕はボールをしっかり捕まえたかったので、ドローポジションで使用しました。

G425LSTのヘッドは、フェードが打ちやすいヘッドだと思います。

ドローポジションにすることで、ストレートに近い弾道が打ちやすいのではないかと思います。

上手くヒットすると、低スピンの強弾道になるので飛距離は良く出ていました。

 

 

 

f:id:golfpowers:20211105153710j:imagef:id:golfpowers:20211105153722j:image

フェードが強くなっても低スピンのおかげで飛距離は出ますが、コースだと右OBの不安がよぎることがありました。

ベンタスブラック6S

f:id:golfpowers:20220206143449j:plain

G425LSTに、ベンタスブラック6Sを組み合わせました。ベンタスブラックは軽めで操作性の良いヘッドならまだしも、ヘッドの重いLSTは僕の力では振り切れず断念しました。ベンタスブラックはシャフトのしなりが少ないので、振りやすかったのですが、ハード過ぎたみたい…

とにかくシャフト先端が硬い方が良い!という方にはおすすめです。

テンセイホワイトプロ1K 6S

PINGの標準カスタムに採用されている、テンセイホワイトプロ1K、6Sが一番振りやすかったです。

6Sのシャフトの中でも軽めで、シャープに振り切れます。手元のしなり感はしなやかで、スイングの邪魔にならない印象です。テンセイオレンジのように粘ってゆっくりしなるのではなく、スピーディにしなります。

シャフト先端は硬いですが、ベンタスブラックほどは硬くなく、しなり感があるのでボールを弾いてくれるように思います。

重く、高慣性モーメントのヘッドに相性の良いシャフトです。

f:id:golfpowers:20211105153637j:image

G425LSTドライバーは45.25インチにすると、シャフトによってバランスがD3〜D4くらいになります。バランスが重く出やすいのと、ヘッドが重いので重さを感じながら振りたい方にはおすすめです。